お風呂の白い浮遊物の除去

お風呂の白い浮遊物は以前多かった2つ穴式の風呂釜はちょこちょこ出てるのでそれほど珍しくありませんでした。

というのも2つ穴式は自然対流式なので温めあられたお湯と温められていないお湯との温度差で自然にお湯が巡回しているのでスピードがゆるく配管に汚れが経過時間とともに堆積していくので、時々剥がれて浴槽に出てくるわけです。

一方最近中心となっている、1つ穴の浴槽は遠いところに給湯器があり、追い焚き機能があるタイプは、強制的にハイスピードで循環させています。

給湯器メーカーが言うには、かなりの強い勢いで吸入や排水を行うので菅の途中に汚れはたまらないということになっていますが、ながらく追い焚き機能を使っていると汚れ具合との関連もあるのかもしれませんが白い浮遊物が出てくることもあるわけです。

この白い浮遊物はいったい何なのか?いわゆる湯ドロと呼ばれるもので、簡単にいえば体から出た脂や垢などと石鹸が反応したものなわけです。

表面上にあればシャワーで流せばおしまいのものなのですが、配管の中にあるからこれがやっかいなのです。

白い浮遊物は、通常それほど現れるわけではないのですが、マンションの構造なのか給湯器メーカによるのかわかりませんが、結構本来はあまり出るはずのない1ツ穴でもかなりの頻度で出るケースも有り、1年に何度か掃除に呼ばれることが有ります。

どの程度潔癖症かということにもよりますが、自分や家族の汚れなら時々給湯管を洗浄するくらいで良いのでは?と思う方がいてそれはそれで全然OKだと思うのです。

ところが、賃貸マンションとか中古物件を購入したとなると話は別で、前の居住者の汚れの可能性が高いとなるとちょっと気色悪いですよね?何せ浴槽に浸かるということは粘膜質の大切な部分も浸かっているわけだから。

なので、中古物件や賃貸物件に入居する前や入居してからでも一度は風呂釜というか給湯管の洗浄はしてほしいものですね。

今回新たな試みとして、この風呂釜洗浄剤を新しく銭湯でも使っているものを試してみたいと思ってます。

あるお客様で、そこのお宅では何故かよく湯ドロが出現するらしいので今までのメーカ提供のものと違うかどうかモニターになってもらおうと思っています。

ちょっと結果が楽しみです。

 

 

 

 

風呂釜洗浄のイメージ

風呂釜洗浄のイメージ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ